買取レジェンド|金買取、プラチナ、ブランド、携帯まで

プラチナ(白金)の主要産出国

9月 3rd, 2012

産出国として代表的なものは、南アフリカ共和国やロシアになります。南アフリカに偏在しているものです。レアメタルと呼ばれるものの中でも非常に希少なものであり、地殻1トンごとに0.001gという産出になっています。
Read the rest of this entry »

金の毒性

1月 23rd, 2013

単体の金の場合、化学的な反応性は低い金属であるといえます。
カルシウムやカリウムや鉄というのは人体にとっては必要な元素になりますが、この場合は必須のものではありません。金イオンは、安定している単体の金とは性質が異なるものです。
Read the rest of this entry »

金相場

1月 17th, 2013

金は価格が変動していく相場商品です。世界のうち、四大金市場といわれるニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港という場所があります。世界に共通してその価値を認められているのが、この金という金属であるといえるでしょう。常に活発に取引が行なわれています。
Read the rest of this entry »

プラチナの特性

1月 9th, 2013

白金、とも呼ばれることがある金属です。金や銀は古くから人間に使われてきた経緯がある金属ですが、それに比べるとプラチナの場合にはまだ歴史が新しい貴金属であるといえます。戦後になってから、盛んに発掘が行なわれるようになりました。
ですが、その使用用途は非常に幅広いものになっており、宝飾品として使われることもあり、科学、医療、電子産業などの工業分野、自動車のマフラー部分の触媒として使われるということなども有名ですね。
融点は1768度と非常に高温であり、例えば火災が起こってすべて焼失するような状況であっても、プラチナジュエリーがあった場合には何一つ形も変わらないままに残っていられるといえるほどです。
溶解時、肉眼では直接見ることができないほどに強い光を発します。純粋なプラチナの場合、純金と同じように非常にやわらかい性質があるので、宝飾品の世界では通常はパラジウムを配合することで合金としています。
Read the rest of this entry »

金メダル

12月 27th, 2012

夏季、冬季オリンピックにおいて、優勝者に対して贈呈される金メダルは、これは純金ではありません。純度92.5%以上の銀製のメダルの表面に、6g以上の金メッキを施したもの、というようにオリンピック憲章のなかに定められています。
そのため、金メダルを地金で単純に売却をしたとしても、その価格は安くなってしまいます。そこには、オリンピックの金メダルであるという名誉としての価値のみがあるということです。 Read the rest of this entry »

日本の金

12月 21st, 2012

マルコポーロの旅行記でも書かれているように、日本というのはかつてから有名な産金国として知られていました。最初は、河原に体積した砂金を集めたものが中心であいr、源義経の話には、金売吉次が砂金を取り扱っていたという記述があります。それ以降になり、金鉱脈が採掘されるようになっていき、これは戦国武将の重要な資金源になりました。例えば、甲州、佐渡の金鉱山がこれにあたります。こういったものは、花崗岩マグマと関係した鉱脈だったり、第三紀層といわれる、地質時代的には比較的新しい地層の中に発達をした石英脈でした。
外国の金鉱脈においては、さらに古い地質時代の地層の中に発達をしたというものも多くあります。
Read the rest of this entry »

プラチナ(白金)の用途

12月 14th, 2012

宝飾品として使われることもありますが、化学的には非常に安定しているもので、酸化されにくいという特性、融点が1769℃であると非常に高いことから、電極やるつぼ、白金耳、度量衡原器などの目的で使われています。
そして、触媒としても高い活性を持っていて、自動車では排気ガスの浄化の触媒として、多くのものが使われています。また、高い耐久性を持っているということを利用して、自動車の点火プラグ、排気センサーといったような、非常に過酷な環境に晒される部品において使われるということもあります。それ以外では、化学工業においても、水素化反応の触媒として使われることもあり、燃料電池として使われることもあります。身近なところでは、ハクキンカイロの発熱装置として使われるということもあります。 Read the rest of this entry »

プラチナ(白金)の歴史

12月 7th, 2012

エジプト大18王朝時代において、わずかではありますがファラオの装身具として使われていたということが判明しています。
現在存在している最古の白金製品としては、ルーブル美術館に収蔵されいてる、テーベの小箱といわれているものになります。これは、エジプトのテーベにある女性神官シェペヌペットの墓から出土をした小箱であり、紀元前720年から、紀元前659年ごろのものであるといわれています。
10世紀ごろになると、南米においても装身具として使われていたとされます。これは純度80%以上のものであり、当時から既に水準の高い精錬の技術があったということが予測されます。
しかし、合金のものであっても融点までに加熱をするためには、当時の技術では不可能であったといえます。しかし、貴金属であるために酸素では酸化されない性質があり、粉末状や粒状のものを、現在の粉末冶金などの方法によって成型をしていたのではないかと考えられています。
Read the rest of this entry »

1カラットと0.3カラットとの大きさの違い

11月 30th, 2012

ダイヤモンドの品質は同じになっていますので、大きさに関しても、輝きの度合いが違っています。0.3カラットの指輪のダイヤモンドグレードの場合、「D-VS1-Good」で、つまりそこまで悪いわけではありません。
Read the rest of this entry »

金鉱山

1月 30th, 2013

金鉱山といわれるものは、平均値で1000 kgあたり0.5 gの金を産出する必要があるとされています。典型的な鉱山では露天掘りで1 – 5 g/1000 kg (1 – 5 ppm)、通常の鉱山で3 g/1000kg (3 ppm) 程ほどです。
Read the rest of this entry »